« 浜松に欽ちゃん球団 | Main | 静岡県内のスマートIC社会実験再開 »

Monday, May 09, 2005

愛・地球博 グローバルコモン1~6を観て

愛知万博の各国パビリオン「グローバルコモン」の大半を観覧しました。

多くの方が感じているように、お金のある国、そうでない国は内容も広さもほぼ比例しています。
全ての外国パビリオンを観なくても、内容が充実したものだけ見れば良いような気がしました。

先日発表された「万博に行った人の7割が楽しかった」というアンケート記事
http://www.macromill.com/client/r_data/20050421banpaku/index.html
では、「イタリア館」 「ドイツ館」 「韓国館」 「アメリカ館」の満足度が高かったようです。
私もそれらについては良い感じに思いました。


○イタリア館
きれいな空間を感じます。イタリア製品好きの日本人の趣味に合うのだと思います。

○ドイツ館
まだ入っていません。いつも長蛇の列ができています。
7/7追記 思ったよりも激しい動きの乗り物でした。
ドイツ製品が好きな日本人にはおもしろいかもしれません。


○韓国館
IT技術の展示が印象的。電機機器メーカーによる映像技術の展示、韓流ブームの「冬のソナタ」コーナーもあり。(5月下旬確認時点で縮小)

○アメリカ館
セキュリティチェックのため、入り口で手荷物検査があります。
メインショーは映像鑑賞で体験型の演出に工夫があります。


他は以下のとおり
・シンガポールのスコール体験は楽しい。
・オーストラリアのワニロール(\1,100)はお勧め。あっさりしていて美味しかった。
・オーストリアのそりすべり。
・ベルギーのワッフル、ビール、チョコレートは人気がありますしおすすめです。
思い出したら追記します。


注意点としては、入館待ちの列があるところが必ずしも魅力的な展示物があるとは限らないということです。
特に映像放映のパビリオンは、定員制で途中入退場させないところが多いため、入場待ちの列ができてしまいます。それにつられて並んでも期待した程ではなかったということも多いでしょう。

|

« 浜松に欽ちゃん球団 | Main | 静岡県内のスマートIC社会実験再開 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16930/3906667

Listed below are links to weblogs that reference 愛・地球博 グローバルコモン1~6を観て:

« 浜松に欽ちゃん球団 | Main | 静岡県内のスマートIC社会実験再開 »